前へ
次へ

浮気不倫が原因の離婚裁判

浮気が原因で離婚する夫婦も増えています。不貞行為を裁判で訴えて勝つためには、有効な証拠が必要です。けれども実際のところ、これは証拠になるだろうと思っていたものが無効になるケースも多いのです。例えばよく見られるのが、ラインやメールでの浮気相手とのやり取りです。これらは単なる誘い文句だけでは意味がありません。送信日時も確定しており、肉体関係を持ったことがリアルに分からなければ有効な証拠にはならないのです。写真においては、加工編集が絶対にできないもので、裸の写真やキスシーン、ラブホテルから出てきた瞬間を撮ったものなどが必要になります。手をつないでいるだけでは友達とみなされてしまう場合もあります。素人ではこうした証拠写真はなかなか入手できないので、探偵に追跡依頼をする人もいるのです。離婚裁判で勝つための決定的な証拠を得るために、探偵に相談する手もひとつと言えるでしょう。できることなら複数の有効な証拠を揃えて、離婚裁判に挑みたいものです。

Page Top