前へ
次へ

離婚裁判の前に行われる調停では何をするか

離婚と言えば暗いイメージを持つかもしれませんが、互いの新しい人生のことを考えると明るい決断になることもあります。明るい未来に向けてであれば話し合いだけで決まることも多いでしょう。一方相手に一定の不満があるときは話し合いがうまくいかず、協議離婚では済まないときもあります。協議をして離婚ができないときには裁判所に間に入ってもらって行うことになりますが、いきなり離婚裁判を行うのではなくまず調停が必要になります。離婚裁判はまさに裁判所に行って裁判所から判決を受け、その判決によって財産を分けたり親権が決まったりします。その内容に逆らうことはできません。その裁判の前に行われるのが調停で、裁判所にいる調停委員が両者と話をしてよりどころになる調停案を出してくれます。その調停案に両者が納得すればそれに基づいて手続きをしていき、不満があれば裁判に移ります。裁判になるとしても調停案はそれなりに影響するので、必ず出席して自分の言い分を伝えるようにしましょう。

Page Top